<第3回> 備えのススメ 行動計画表

今回の地震が起きた時、我ながらとても冷静でした。夫が帰宅して一緒に過ごしていた時だったこともありますが、なにより次の行動がわかっていたからだと思います。

 

 我が家の玄関には災害時の行動計画表が貼ってあります。変な家族だと思いますよね。というのも、独身時代に働いていた病院で災害委員をしており「災害が起きるとパニックになる!」という心得があったのと委員会活動で「災害時のフローチャート」を作成していたからです。そして私の夫は災害時には必ず出勤する職種です。なので夫がいない時に何が起きてもいいように、そして夫と連絡がつかなくなっても再会できるように行動計画表を作ってあるのです。文字にすると「行動計画表」だなんて固いですが、簡単な手書きのメモです。このメモひとつで、自分がすることがわかり、そしてメモを作るときに「これは大切!忘れないようにしないと!」と考えることができるのでお勧めです。

 

 我が家流の計画表はこんな感じでした。

避難所三か所

子どもたちをどうやって運ぶか

何を持ち出すか

ガスの元栓を閉める

ブレーカーを落とす

玄関に「避難スミ」を記す

次の非常袋更新日

 

 文字にすると本当に大したことのないものです。けれどおススメです。とくに子供さんがもう自分一人で遊びに行けたりお留守番ができる年齢の方、共働きをされている方、もし子供さんが一人でいる時に何かあったら・・・我が家の計画はまだ大人が子供をしっかり見ておける環境にあるからのものです。お子さんがもう一人で行動されるのであれば、子供たちとしっかり、なにかあったらどこに行けばいいのかだけでも家族の約束を決めておかれるといいと思います。