<第4回> 震災から3か月

あっという間の3か月。あの時2ヵ月だったちぇりーは5か月のぷくぷく赤ちゃんになりました。抱っこ紐にすっぽり入っていた頭もひょっこり顔を出すようになりました。

 

 私の住んでいる街は、震災直後から閉鎖されていた橋も修繕され、閉店していたお店もだんだん再開のめどがたってきて落ち着いた日常をすごせるようになりました。大雨が続いていますが、阿蘇や益城のみなさんいかがおすごしでしょうか?ご飯は食べていますか?お風呂に入れていますか?夜は眠れますか?同じ熊本に住んでいますが、まだまだ阿蘇や益城は別世界です。

 

 震災が起きて私は変わりました。強くなりました。強くなるというと、何が起きても動じないイメージですが、今でもいろんなことに動じています。でも動じた後に「大丈夫、なんとかなる!」と思えたり、「いろんなことが起きる人生だから今を大事にしよう!」と行動的になりました。

 

 それぞれの震災と復興。今はまだ傷跡が深く辛い事もありますが、いつか辛い体験も人生の糧となりますように。「これを乗り越えれたんだから!」と生きるパワーとなりますように。少しずつ立ち上がりましょう。私たちは一人ではないのだから。