<第5回> 楽しく生きる 楽しく備える

「座右の銘は?」と聞かれたら、今は「どんな時でも楽しむ!」です。緊張していても「いやぁー私緊張している!」と、悲しかったらとことん悲しんで、面白いことはたくさん笑う!どんな状況でも楽しむことができたら、怖いものはない!そう思うのです。それができているかは別として・・・ですか。せっかく生きているのだから、楽しまないともったいない!

 

 非常袋をセットするときも賞味期限を確認し「次の春には食べよう!」と思ったり、最近そろえたアルファ米は食べる非常時がきたら「どんな味なんだろう!」と楽しめるようにいろんな味を揃え、もし食べないまま賞味期限をむかえる頃にはそれをもってキャンプに行こうと思います。

 

 震災直後はもちろんそんな余裕もなく、毎日ママバッグの中身を確認したりもって逃げる物を確認していたり常に〈非常事態スイッチ ON〉状態でしたが震災後2ヵ月もスイッチON状態は持ちませんでした。ものすごく心が疲れました。

 

 生きるために備える。けれど、備えてしまったらもう後は楽しく過ごしたいです。