<第9回> 歴史

歴史は好きですか?私は大嫌いです。何度も克服しようと頑張ってみましたが、頑張れず。あとはバナナが学校に行きだしたら一緒に勉強してみてだめならもう諦めます。

 

 大嫌いな歴史ですが、歴史は生きていく上で大事なことなのだとしみじみ思います。各国との関係や戦争のことなど、とても意味の大きい学問だと思います。今回の地震でも歴史の大切さを知りました。

 

 「毎日揺れる。」地元紙に乗っていましたが、熊本での地震は1000年以上前と、600~700年前にも起きているそうです。(年号が適当ですみません、なんせ大嫌いなもので)その時の書物に「毎日揺れる。家に入れないから蚊帳をもって外で暮らす。火事場泥棒が多い。」とあったそうです。2000回以上の余震・車中泊・盗難、今回と同じ事がずっとずっと昔にあっていたのです。夏休みの宿題には遅いですが、今住んでいる地域の歴史を調べてみることは防災・減災に有効なのだと思います。

 

 私の祖母は90歳で独居をしています。とっても元気でおしゃべり好きな祖母。熊本大空襲と水害と地震、歴史的な出来事を体験しています。その祖母が近所の神社の崩れた石垣をみて「あそこの箇所は水害でも崩れたのよー!」と少し得意げに話していました。

 

 大嫌いな歴史、やっぱり克服したいです。