<第10回> 震災から半年

地震から半年。被災後「しじん、こわい。」とこわばった顔をしていたバナナは大きい音が聞こえたり、震災のニュースを見ると、「ねぇねぇいまのくまもとじしん?」と言うようになりました。その表情に余裕があって、ほっとしていると同時に人間の強さを感じています。

 

 被災したショッピングモールやスーパーが再開し当たり前だった生活が帰ってきて、震災の話をすることも少なくなりました。私たちの中でもいい意味で「風化」が始まったのかもしれません。そう思っていた今日、鳥取で震度6の地震がありました。鳥取のみなさん、大丈夫ですか?おけがはないですか?鳥取の方を思うと心が痛いです。

 

 私にできることはなにか。バナナとチェリーが小さい今できることは、私が体験したことや学びを文字にすることと思いました。少しでもなにか役にたてることがありますように。熊本地震後に「備え」をしていた人が一人でも多くいらっしゃいますことを願って。