<第15回> ゴミ

震災が起こると震災ゴミが溢れるため、ゴミの収集に制限がかかりました。震災ゴミと燃えるゴミのみ出せる状態が2ヵ月ほど続きました。私の住む地域では普段は、燃えるゴミ・資源ごみ・プラスチックゴミ・紙ゴミ・不燃物と別れています。普段は意識していなかったのですが、出せないとなると人はこんなにゴミを出す生き物なのだと思いました。ご飯を食べる・オムツを変える・鼻をかむ・・・。何か行動するとゴミがでます。特に避難先でゴミがでるたびにビニール袋にいれていた時は、ガムを噛んだだけでゴミがでることにびっくりしました。普段はゴミ箱に入れればおしまい。けれど袋にゴミをいれてそれをバックにいれていく・・・。避難グッズにゴミ袋と言われるのはこのためだと気づきました。

 

子供連れで避難される方は避難バックにゴミ袋は多めに準備されることをお勧めします。そして出せないゴミが続くため、ゴミはできるだけ小まめに整理しておくことをお勧めします。出せないゴミが家の中を占領し始めると気持ちがどんよりしてしまったので・・・。

 

震災とゴミは切り離せません。けれど、徐々に必ず落ち着きました。